忍者ブログ
長野県スキー場動画館
主に長野県内スキー場の滑走レポートを動画でお届けします。12/13にはPana社のHX-WA20投入。11/12にはDRIFT社のX170とGPSロガーを投入。08/09にはSANYO社のXacti CA8投入。それ以前は携帯電話のカメラ画像です。各レポートの最下部に1回前のレポのリンクがありますので、複数回訪問している場合は遡れます。    本文中の左右は特別に説明の無い限りスキーヤーズレフト・スキーヤーズライトと解釈して下さい。お気軽にコメント下さい。 非常に重くなってしまったので、対策として1画面の表示記事数を3記事とし、「続きを読む」形式にしました。右のプラグインで過去15記事まで確認できます。 08-03-20開設  サポートして頂けるスキー場さん居ませんか?
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魔法の粉雪というキャッチコピーを持つ戸隠スキー場。タイミング良く表面を覆う位の魔法の粉雪が補充されて、気持ちの良い滑走を楽しめました。その分天気は悪く戸隠連山も高妻山も飯縄山も見られませんでしたが、しょうがないですorz今回の訪問目的である中社ゲレンデに新設されたペアリフトの乗車、コース名変更の「とがっきーコース」の滑走、GPSログデータ取りは達成できました。
今回は長野県果樹研究会のリンゴ部会で県委員を一緒にやっているTさんにお付き合いいただきました。若かりし頃黒姫でパトをやっていた方です。元パトさんということだけあり、整地・不整地関係なくどんな斜面状況でも対応できて、足裏に目があるのでは?と思うくらいでした。だってオン/オフ同じスピードで滑れるんですもんorz

第5高速ペア1016mで滑るしゃくなげコースの滑走です。右側半分は未圧雪の不整地です。 モデルさんが良いと僅か数cmの新雪が腰パウに見えてしまうのが魔法の粉雪マジックでしょうか・・・ 私には殆ど雪面の状態が見えないような状況でしたが、モデルさんは足裏に目があるかのようです。


若干出遅れたのが幸いして、第6クワッド1135mは一番機乗車で1stトラックです。 パトさんが点検で両サイドまでの大きなトラックを付けてあるのは見なかった事にw 魔法の粉雪が堪能できそうです!



魔法の粉雪が薄っすらと積もっていたので、雰囲気が判る様に追走撮影してみました。 パァ~と舞い上がる粉雪が快感でしたw どんな斜面でも対応できる能力は流石元パトさんです。閉脚での滑りも美しいです。



メノウコースの反対側を滑るお仙水コースです。 こちらはサブコースのような感じで滑走者が少なく、大量の魔法の粉雪がありました。



第5高速ペア乗車のためお仙水の後半を滑って乗車に向かいます。



第5高速ぺアで滑るとがっきーBコースです。前半は殆ど斜度の無い緩斜面で新雪が乗っていたので殆ど進めませんでしたorz 分岐点を右に降りるととがっきーBコースです。普段はポール専用バーンで滑走できない事が多いです。最後はとがっきーCコースと合流してベースの第4高速ペアに着きます。



1本前にシュプールを付けておいたので、緩斜面もそこそここなせました。そのまま直進するととがっきーAコースになります。こちらは第5高速ペアでルーチンできます。 とがっきーコースは新しいコース名ですが、コースそのものは前からあったコースです。



戸隠スキー場唯一の初心者コース表示のとがっきーCコースです。こんな緩斜面にも薄っすらと魔法の粉雪が乗っていました。



第3クワッドで登り帰して中社ゲレンデに転進しました。まずは上級表示のグランドコースから。 以前の珍しいシングルリフトは撤去されてペアリフトが延長して架かっています。 分岐を右に行けば新設された中社第2ペア乗り場へ、直進すると中社第1ペア乗り場へ行きます。



中社G唯一の圧雪バーンでした。 滑り込むと中社第2ペア乗り場に出ます。



中社G最難関のフレッシュコースの様子。 丁度スキーヤーが来たので滑走を撮ろうと狙いましたが、余りの大きなコブに躊躇っているようでした。



アプローチは緩斜面ですが、その先は大きなコブが続く急斜面です。リフト際なので目立ちますorz リフトの真下で13/14シーズン初転びもorz今季も通季転倒無しは達成できずorz ハードなコースでした。



休憩のため比較的楽な高妻コースを滑ってレストランのシャルマン戸隠へ向かいます。



休憩のつもりでしたが早昼も食べました。折角の戸隠なので、戸隠蕎麦@900。腰が強くて美味かったです。再起動後はシルバーコースへ。圧雪急斜面でただ落ちただけでした。



チャンピオンコースも急斜面圧雪バーンでした。 午後は飯綱町三水での予定があるのでこれで上がりました。 お付き合いいただいたTTさんには感謝です!


移動時路面状況=冬型の影響を受けるエリアだけあってR18へ出るまではほぼ全行程圧雪路面でした。 ただ除雪体制は完璧でした。中社エリア、宝光社エリアは融雪区間があります。地元のTさんに先導していただき迷うことなく午後の会場へ行けました。


行程メモ=604自宅出---617岡谷セブンカフェ9km---岡谷IC---700筑北PA66km708---743中野IC~三水~信濃町---833戸隠P157km1221---飯綱高原~いいづなリゾート経由---1309剪定会場191km1523---1528三水のリンゴ委員さん宅192km1607---中野IC---1650筑北PA252km1657---岡谷IC---1810自宅着318km
<>コース/リフトとも一部未滑走&未乗車


判りやすい画像をw






















その他の画像はヤマレコにあります。

090321の戸隠のレポはこちらです。  5年振りでしたか・・・



拍手[2回]

PR
前の記事140118野麦峠
次の記事140109白樺高原国際
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
あら、勿体無い
やっぱり地元の方でもアクセスの悪さを感じますかorz 長野駅より北の在住者でないと、やっぱり長野市内を抜けるのを躊躇いますね。
台座法師池の先はほぼ平坦路で行けますよ。で、林の中に突然戸隠連峰が見えるんですが、素晴らしい神々しさで出迎えてくれます。何度見ても感激します!
お試しあれ!
信州有賀峠 URL 2014年01月23日(木)17時32分 編集
無題
今年は開業50周年?とやらで長野市民と長野市内に勤務している人はシーズン券が15000円で購入出来るというまたとないチャンスの年で、主人に購入するようにお願いしましたが、アクセスの悪さからあっさり拒否されてしまいました。(+_+)七曲経由で飯綱高原やリゾート迄なら自分で運転したことはありますが、その先はやはり大変そうですね…。長野市内に住んでた頃ですら訪れた事がなかったので…。(笑)
にわっち URL 2014年01月23日(木)17時12分 編集
3ルート
①善光寺裏から七曲で
②長野駅の先、浅川ループラインで
③信濃町ICから裏周りで

の3ルートありますが、今回は③のルートで行きました。平日なので調度通勤時間帯と重なるので長野市内の通過を避けました。
①以外は道幅はそこそこありますが、登坂路であることには変わりはありませんね。あえて言えば緩い順に3.2.1でしょうか。通勤渋滞のない土日祝なら②がお勧めです。
時間的には我が家からだと長野県内でも最も時間のかかるスキー場の部類ですので、なかなか足が向きませんが、神々しい戸隠連峰を無性に見たくなる時があります。瑪瑙山頂から佐渡島が見えるという噂も聞いてますが、まだ見たことがありませんw
信州有賀峠 URL 2014年01月23日(木)05時45分 編集
懐かしいです
戸隠はもう20年ぐらい言っていないですね。
ゲレンデまでの道程が 町の中を通らなければならず、細道&坂道&凍結で大変だった記憶がありますが、改善されていますか?(^∇^)
ツバサ URL 2014年01月23日(木)04時59分 編集
- HOME -
Powered by  忍者ブログ | [PR]
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
080320~の乗車回数
同一IP連続・管理人不加算設定
フリーエリア
080418設置
プロフィール
HN:
信州有賀峠
性別:
男性
職業:
スキー場メグラー
趣味:
11/12は静止画しか無いスキー場の動画化を目指します!
最新コメント
[04/01 信州有賀峠]
[03/31 にわっち]
[03/31 にわっち]
[03/04 信州有賀峠]
[03/04 信州有賀峠]
[03/04 natureboy]
[03/04 natureboy]
[03/02 信州有賀峠]
[03/01 あき]
[02/22 信州有賀峠]
[02/21 motocafe]
[02/08 信州有賀峠]
[02/08 萌音]
[02/04 信州有賀峠]
[02/01 にわっち]
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード